脱力系男子

平成が生んだ宮本武蔵×『幸せな働き方』の話。

無料:最短で「ブログマネタイズ」を
マスターし自由な働き方を実現する方法。


こんばんは、リクです。

 

いやはやもうホントに早いもので、
世間はすっかりクリスマスムードですね。

 

この前も渋谷に飲みに行ったんですけど
ハチ公前なんかはイルミネーションと
若いカップルたちでごった返してました。

つい最近までハロウィンハロウィンしてたのに
クリスマスやら正月やら日本って忙しい…

 

まあでも、
イベントがあれば美味しいものが食べれるので
嫌な気分はまったくしないですけどね(笑)

何より僕はすべての食べ物の中で
ショートケーキが一番好きなので、
クリスマスと誕生日はもう万々歳。

 

今年はどんなクリスマスになるのか
少年のように今からワクワクしてます。

 

さて、

そんなクリスマスムード一色の最近は
年末に向けて色々と準備もしています。

 

こちらのスクールメンバー限定のサイトに
ビジネス初心者の指針となるような
質の高いコンテンツをつぎ込んでいたり。

紅白歌合戦や箱根駅伝などのイベントに向け
ブログで美味しい思いをしてもらえるように
コンサルメンバーにネタを提供したり。

学生時代の友人たちと
年末年始にどんなことをして遊ぼうか
みんなでワイワイ作戦会議したり。

 

『ビジネス』も『遊び』も充実していなければ
それは幸せじゃないと僕は思っているので。

色々な人たちと連絡を取り合いながら
ワクワクした気持ちに胸を躍らせています。

 

まあ特にブログアフィリエイトの話をすれば、
この時期はトレンドのネタがとても多いので
『年末商戦』なんて言われたりもします。

単純にテレビを見る人が増えたり、
週刊誌などが気合を入れてネタを仕込むため
『アタリ』となるネタが急激に増えるんです。

 

だからブログアフィリエイトをやるなら、
この年末年始を逃すわけにはいきません。

もし需要が生まれるネタを予測して
あらかじめ記事として書いておけば、
あとで美味しい思いもできますしね。

 

それこそ、

『ハッピーニューイヤー!』

とみんなで騒いでいながら
その傍らブログで何万と稼いでいる、
なんてことも普通に実現できますし。

 

その辺りはブログ実践者として
年末特需に乗っかっていきましょう!

 

と、

ちょっとブログの内容ばかりでは
あまり面白くないかもしれないので、
ちょっと今日は『野球』の話をします。

 

今このタイミングで野球と言えば…

『平成が生んだ宮本武蔵』

そう、日ハムの大谷翔平選手ですね。

 

まあ宮本武蔵って言う人もあまりいないですが
二刀流よりそっちの方がカッコいいな、と。

 

で、

その大谷翔平選手はポスティング制度により
大リーグへの移籍を目指していたわけですが、
移籍先はまさかのエンゼルスでしたね~。

 

LINE NEWSでそのことを知ったのですが、
予想外の選択にビックしりしてしまって
普通にiPhone落としそうになりました(笑)

 

大谷選手くらいの実力だったら
それこそヤンキースとかマリナーズとか
大御所球団に入るのがきっと妥当ですよね。

その方が絶対に年俸もかなりいいですし、
チーム内環境や練習設備なども快適です。

 

マーくんにしてもマエケンにしても。

 

メジャーを目指して日本を出る人はほとんど、
有名な球団に入るのがこれまでの通説でした。

 

それがまさかのエンゼルス…

 

もうかなりのダークホースだったので、
きっと誰もが驚いたと思います。

そこまで野球に詳しくなかったら、
『それどこのチーム?どれくらい強いの?』
っていう感じだったかもしれません(笑)

 

エンゼルスはいわゆる中堅球団と言われていて
本当にパッとしないチームなんですよね~。

すぐに名前が浮かぶ選手もあまりいないし、
語弊を恐れず言えば『まあまあ』レベル…

 

ただ、

そんなチームに入団したことにより
『なんで??』という声も出てくるような
そんな大谷選手の選択だったわけですが、

 

案外考えてみると納得がいくんですよね。

 

というのも、

エンゼルスの『中堅チーム』度合いこそが
かえって大谷選手にとっては好条件なんです。

 

例えば、

・本拠地がニューヨークなどの大都市ではなく
 ファンやマスコミのプレッシャーが少ない。

・先発投手陣にエースと呼べる人材がおらず
 実力があればピッチャーとして重宝される。

・左打ちのバッターがそこまでいないため
 左打者が入ればすぐに重宝される。

・再建途中でこれから発展していくチームで
 二刀流にチャレンジしやすい環境にある。

etc…

 

というように色々な条件を考えてみると、
大谷選手にとってとても最適な環境が
エンゼルスには揃っているんです。

 

もしわかりにくかったら、

・ヤンキースは超有名な大企業

・エンゼルスは発展途上のスタートアップ

これくらいに考えてみてください。

 

大企業よりもスタートアップに入った方が
いやーな社内競争なんかもないですし、
やりたい仕事にもどんどん挑戦できますよね?

そんなイメージです。

 

そして何より、

今回の移籍で注目すべきは『お金』。

 

大谷選手の今季の日ハムでの年俸はというと
推定で2億7000万円ほどだったわけですが、

エンゼルスが提示してきた契約金は
なんと『2億6000万円』だったんだとか。

これはヤンキースが提示した4億円に比べて
約6割程度の金額での提示でした。

 

そして何よりも、
現在の年俸よりも低い給料の球団へ
大谷選手は入団を決意したということ。

 

つまり、

『給料にはこだわりません』

という大谷選手なりの決意表明だ、と。

 

僕はこのことを知ったときに
その姿勢にとても感銘を受けましたし、
何より『今風』の選択だなと思いました。

 

考えてもみてください。

 

稼ぐ金額にかなり大きな差はあれど、
結局プロ野球選手も普通の人と同様に
球団と契約を交わして働いています。

彼らにとって『野球をする=働く』なので
イメージはしづらいかもしれませんが…

 

でもこれってつまりは、
大谷選手も『雇われの身』であるということ。

 

日本ハムからエンゼルスへと“転職”した。

 

そう言った方がわかりやすいかもしれません。

 

そういった視点で今回の選択を見てみると、
すごい『今の時代らしい』って思ったんです。

最近は『働き方改革』が謳われていたり、
企業でも副業やリモートワークが推奨されたり
転職をする人も限りなく増え続けています。

 

『1つの会社で一生涯、
 働き続けなければいけない。』

 

そんな前時代的なシゴト観はどんどん廃れ、
『働く』ことの意味も流動的になってきた。

 

僕の友人にも会社の仕事に耐えきれず
副業を始めた人が何人もいますし、
転職を図る人も多数存在しています。

 

そういった現代のシゴト観というのは、

 

『給料や肩書きといったような、
 表面的なことにフォーカスしない』

 

まさにこのように言っていいでしょう。

 

給料が高いから。

ネームバリューがあるから。

 

そのようなシゴト観で働き続けていても、
幸せにはなれない時代になってきています。

 

これからはそんな表面的なことよりも、

・シゴトに『やりがい』を感じたい。

・給料はそこそこでいいから楽しく働きたい。

・働きながら自分自身も成長していきたい。

・好きなことで収入を得てみたい。

そうして自分のやりたいことや理想の人生を
実現するための『手段』としてシゴトがある。

 

そんな時代になってきています。

 

今回、

大谷選手がヤンキースなどの有名球団ではなく
『エンゼルス』という中堅チームを選んだのも

 

・年俸をたくさんもらって稼ぎたい

・ネームバリューに乗っかりたい

 

そういった表面的なことは念頭に置かずに、

 

『世界の舞台で、二刀流を武器に戦いたい。』

 

そんな自分が心から実現したいことを
優先した結果なのではないでしょうか。

 

で、

この話の面白いところが宮本武蔵本人も
けっこう大谷選手に似た働き方(稼ぎ方)で
お金を稼いでいたんですよ。

 

彼は今で言うアルバイトをするかのように
用心棒として戦に出ては食いつないでいき、
剣の技をとことん磨いていたわけです。

 

『7人の侍』のような流浪の侍として。

二刀流を武器に戦い続けていくために。

 

だから、

宮本武蔵にとってお金や役職は価値がなく
それよりも剣豪として腕を磨くことの方が
何よりも魅力的だったということです。

 

江戸の剣豪と、平成の野球人。

 

数百年のタイムリープを経て、
大谷選手はまさにリアル宮本武蔵ばりに
自分の信念に従って働き方を選んだ。

 

僕はそんな彼の決断を目にして、
『なんて今の時代らしい野球人なんだ』と
改めて尊敬の思いを心から抱きました。

 

まあ大谷選手とはタメなんですけど…(笑)

 

そんな僕自身も同年代の彼と同じように、
自分が思うカッコいい生き方を描くために
今年は大学を辞めるという選択もしました。

 

だからなおさら『負けてられないな』って。

お前も頑張れ!と背中を押された思いです。

 

これからは、

人生やシゴトに対する考え方・価値観が
大きく変わっていく時代がやってきます。

 

お金や名誉だけではなく、
自分のやりたいことを大切にする。

そして実現したい未来に沿って、
『環境』を再選択するということ。

 

これがこれからの時代なりの、
『幸せな働き方』の1つのカタチです。

 

もちろん、

僕のように個人でシゴトをしていても
会社員として働いていても同じです。

 

自分はなぜこのシゴトをしているのか?

 

その答えがもし『給料』だけだったとしたら、
自分のこれからの働き方や生き方について
今一度深く考えてみてください。

 

大谷翔平という現代を代表する若者が示す、
『幸せになるための働き方』のヒントが
あなたにも伝わってくれれば幸いです。

 

ぜひ、

会社や他人から独立した創造的な考え方を
時代の変革に向けて身につけていきましょう!

 

P.S.

 

今回は大谷翔平選手のニュースに関して
僕なりの考え方を述べさせていただきました。

 

最近はお問い合わせやメルマガへの返信も
多くいただくようになりましたが、

『このニュースや出来事について、
 リクさんはどう思いますか?』

もしそんなことがありましたら、
ぜひ気軽にお伝えくださいね!

 

僕の考え方が何かあなたの役に立てば
これほど幸せなこともありませんし。

 

実は高校時代は野球部だったので、
(意外ってよく言われます笑)
スポーツに関するトークでもOKです!

 

ビジネスでもそれ以外のお話でも
ぜひ気軽にお話ししましょう~。

 

それでは、また!

 

(※当記事は2017/12/15に配信したメールマガジンを転載したものです。)

]]>

「自分らしく生きたい」と強く願うあなたへ。
「自分らしく生きたい」と強く願うあなたへ。
 

leave a reply

*
*
* (公開されません)